FC2ブログ

ひまど記

by ひらの みふみ

ひまな時に書くからこそ、ひまど記。ひまじゃなくても書いている、ひまど記。ひらのみふみなりに、なんでもありの、ひまど記。

テンション高かろうが低かろうが、関係なし。思いつくままに書いて、勢いのままに投稿。

はじめましての方は、左側の列にあるプロフィールをまずどうぞ。

ついったー



Calendar

08 | 2019/09 | 10
Su M Tu W Th F Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
   



Latest Himadoki



Profile

ひらの みふみ

書き手 : ひらの みふみ
ホームページはこちら 

いつも気まぐれ。どこまでも暴走中。
とりえは明るさと言い張る、
11月15日生まれの、28歳O型関西人。
自他共に認める変人。

好きなものは、
空、ひらがな、いちご。
ランニングや、ピアノも少々。

高校2年の時に初めてHPを作る。
『ひまど記』はその時にスタート。
その後、めもらいず消滅の
巻き添えを食らって休止したり、
エキサイトブログで復活したり、
引っ越ししたりして、現在に至る。
ちなみに社会人1年生。

関西人は、
「ボケ人間」「ツッコミ人間」が
半々くらいらしいですが、
友人曰く、ひらのみふみは
ボケでもツッコミでもなく、
「存在自体がネタ」なんだそうです。


いろんなことをだらだらっと
つれづれっと書いてますが、
「へー、世の中には、こんな風に
ものごと考える奴もいるんやなー」
と思っていただければ
うれしいです。


ひらのへのメッセージは
下のほうにある
↓ メッセージフォームより
↓ どうぞっ!!



Category



月別



検索



RSS



Latest Comments



Latest TrackBacks



Links



QR-code

QRコード



Message form

ひらのへのメッセージは
こちらよりどうぞっ!

 
あなたのお名前
あなたのメールアドレス
メッセージのタイトル
メッセージの本文

あなたのメールアドレスは
忘れずに記入して下さいね。
ひらのが返信できないので。^^;

大学・大学院に大気化学を専攻し、現在も大気環境にかかわる仕事をしているひらのが、
PM2.5や光化学スモッグをはじめとした大気汚染問題・越境汚染問題について
他の方々にも正しく知って、正しく怖がってほしいと思い、この度、
「大気汚染問題ネタ」というカテゴリを用意しました。
質問・感想などありましたら、左側のメニューにあるメッセージフォームをご利用ください。


皆既月食について

Category : ケータイより  2011/12/13 10:01
先週の土曜日。12月10日。
皆既月食がありました。

ひらのはその日の晩は
大阪・ミナミにいました。
忘年会があったのです。

飲み屋さんでわいわいやって、
外に出てみると、ビルとビルとの間、狭い路地の真上に、
赤黒いマントをまとったような満月がありました。

そして、普段は若い人たちでぎゃあぎゃあとごった返す戎橋も、
上を指さして「わーすごい」と言ったり
ケータイで写真を撮ったりする人たちがいました。

普段、きっと、ほとんど空など見上げない人たちが、
空を指さしああだこうだと言っているのを見て、
お月さんの存在って、大きいんやなぁ、と感じた
皆既月食でした。

朝焼けについて

Category : ケータイより  2011/11/15 07:08
朝焼けは、往々にして、
寒く、忙しい朝に美しい。

そして一息ついた頃には、
美しいと思った時からは
随分色合いを変えてしまっている。

内定式について

Category : ケータイより  2011/10/03 20:00
そうか。
今日が10月最初の平日やからか。

やたらきちっとスーツを着た人たちが多い。
しかも集団で。しかも若手の人ばかり。

今日は内定式なんですね。


ひらのは内定式に行っていません。
というか、うちの会社は内定式がありませんでした。
学校に行って、同学年の人が誰もいなくて焦りました。
会社に入ってから間もなく、人事担当トップの方に
「他の会社ってみんな内定式ってやってるもんなんか?」
と言われて、唖然としました。
こっちはあんなに焦ったのに…。(苦笑)

年度、で言えば、上半期はおしまい。
もう後半戦なんですねぇ…。

キンモクセイ

Category : ケータイより  2011/09/30 07:57
町中をぼーっと歩いていても、どこからともなく流れてくる
キンモクセイの香りに気づくことができるほどになると、
あー、秋が少しずつ深まっているんやなあ、と感じます。

割と遠いところでも、風に漂えば気づくキンモクセイ。
あの黄色い花も、なんとなく、秋の色、という感じ。

ということを、ぼんやり感じた今日は、9月の30日。
ついに10月ですねぇ…。(´▽` )

駆け込み乗車を防ぐCMを思いついた。

Category : 雑談  2011/09/19 21:13
110919blog.jpg

ひらのはこういうあほなことを考えながら、
街を歩いています。

10周年

Category : ケータイより  2011/08/08 08:42
ひまど記がスタートしたのが、2001年8月8日。
それから10年が経ち、今日が2011年8月8日。

なんと、ひまど記がスタートしてから、10周年となりました。

毎日書くのが『日』記なら、
お暇時、ひまな時に書くのは、『ひま』ど記、
とかいう、ダジャレと言い訳でできたタイトルですが。

時々、突発的に、頑張って毎日更新してみようと思い立ち、
それがすぐ終わることも、何ヶ月か続くこともあれば、
月刊誌並みの更新頻度だった時期もかなり長く。
(むしろ、今が月刊誌ペースですが。)

さらには、合併やら買収やら、そういった話に巻き込まれ、
メールによる通達もされないまま、勝手にサービス統合、
知らんうちに消滅させられていたということもあり。

1年ほど間が空いて、エキサイトブログで再スタートして、
FC2ブログに引っ越しして。

のらりくらりと、相変わらずだらだらずらずらと、
好き勝手なことを適当に書いているうちに、
10年が経ちました。

10年は経ちましたが、
これからも相変わらずな感じでのらりくらりと
思ったことを好き勝手に書いていきます。

世の中、へぇー、こんな考え方のヤツもおんねんなぁ、
と、ふっと思っていただければ、
なんてことを、ぼんやり考えつつ…。


そして、10年間の間に、
ぽちぽちと時々のぞきに来てくださるみなさま、
本当にありがとうございます。
そして、どうぞこれからも宜しくお願い致します。

電車の中で寝る人について

Category : ケータイより  2011/08/02 08:21
なかなかしんどい通勤電車も、よくよく眺めてみてみれば。
意外とおもしろい人がいる。
特に寝ている人。

立ったまま、(失礼ながら)非常に間抜けな顔を晒しつつ、
けれども吊り輪も手すりも持たずに寝ている女の人とか。
どないしてバランスとってんねん、えらい人がいるもんやなぁ、
なんてことをぼんやり考えつつ、次の電車に乗り換えると、
これまたうまいこと経ちながら寝ている人を発見する。

あと、異様な姿勢で寝ている人。
あれを続けたら、筋肉痛になりそうやな、というポーズで寝ている人。

電車で寝る人はおもしろい。

自分が知らなかったことについて

Category : ついてづくし  2011/07/15 00:03
聴いたその時には内容を理解し切れていなかった話が、
とある時、「ああ、あの方があの時言ってはったことはこういうことやったんか!」
とわかる瞬間って、なんかいいね。

それまで自分が持っていた知識、経験なんて、
なんてちっぽけやったんやろ、と思うと同時に。
これまでとはちょっぴり高いところに登って、
新たな風景を知ったような気になる。
おー、自分が知らなかった世界が広がった、って。

知らなかった世界が、知っている世界になり、
さらにまた新しい知らなかった世界が見えてくる。
楽しいね。

カウンターチェアについて

Category : ケータイより  2011/06/25 15:45
チェーン店のカフェなんかに割とよく置いてある気がする、
背の高い椅子。座ったら足が届かないくらいの高さの。
バーのカウンターに置いていそうな、椅子。
名前もまさに、カウンターチェア、と言うそうですが。

足が地に着かない、ということで、苦手な方も多いらしいですが。
ひらのはあの椅子が好きです。

特に疲れている時。
足を地面に着けずに、ぶらぶら~っとさせる。

しばらくしていると、
疲れの成分が足の裏からぐいぐい回収されてくる感じがして。
足の裏の血の巡りもなんか良くなっている気がしてくる。

あまりにも長い時間座っているとしんどくなってくる椅子だけど、
あの、気持ちよさがたまらなくて。

座り疲れるまで、足をぶらぶらさせて、あの椅子に座るのが気持ちいいのです。

何もしない時間について

Category : ケータイより  2011/05/28 11:09
人によっては、
「そんな無駄な空き時間なんて」
と言われるような、時間の使い方って。

時と場合によりけりですが、
必要だと思うのです。
時々。

情報があふれすぎていて。
物があふれすぎていて。
そんな世界の中を、うまく泳いでいるようで、
実は自分の実力以上に、力を出しすぎていないやろか、と。

今は無駄だと思っていることが、
実はすごくきらきら輝いているものだったら?

結局、これは無駄、これは必要、と決めているのって、
自分自身、あるいは周りの人々のものさしであって、
全然違う視点から見たら、世界はまるで違うのかもしれない。

だから。

自分が持っているものさしを取っ払って、世界を眺めること。
純粋に心に入ってくるものを、受け入れる時間を持つこと。
そういう時間を持つこと、って、すごく大事だと思う。

Back | Home | Next