FC2ブログ

ひまど記

by ひらの みふみ

ひまな時に書くからこそ、ひまど記。ひまじゃなくても書いている、ひまど記。ひらのみふみなりに、なんでもありの、ひまど記。

テンション高かろうが低かろうが、関係なし。思いつくままに書いて、勢いのままに投稿。

はじめましての方は、左側の列にあるプロフィールをまずどうぞ。

ついったー



Calendar

09 | 2019/10 | 11
Su M Tu W Th F Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
   



Latest Himadoki



Profile

ひらの みふみ

書き手 : ひらの みふみ
ホームページはこちら 

いつも気まぐれ。どこまでも暴走中。
とりえは明るさと言い張る、
11月15日生まれの、28歳O型関西人。
自他共に認める変人。

好きなものは、
空、ひらがな、いちご。
ランニングや、ピアノも少々。

高校2年の時に初めてHPを作る。
『ひまど記』はその時にスタート。
その後、めもらいず消滅の
巻き添えを食らって休止したり、
エキサイトブログで復活したり、
引っ越ししたりして、現在に至る。
ちなみに社会人1年生。

関西人は、
「ボケ人間」「ツッコミ人間」が
半々くらいらしいですが、
友人曰く、ひらのみふみは
ボケでもツッコミでもなく、
「存在自体がネタ」なんだそうです。


いろんなことをだらだらっと
つれづれっと書いてますが、
「へー、世の中には、こんな風に
ものごと考える奴もいるんやなー」
と思っていただければ
うれしいです。


ひらのへのメッセージは
下のほうにある
↓ メッセージフォームより
↓ どうぞっ!!



Category



月別



検索



RSS



Latest Comments



Latest TrackBacks



Links



QR-code

QRコード



Message form

ひらのへのメッセージは
こちらよりどうぞっ!

 
あなたのお名前
あなたのメールアドレス
メッセージのタイトル
メッセージの本文

あなたのメールアドレスは
忘れずに記入して下さいね。
ひらのが返信できないので。^^;

大学・大学院に大気化学を専攻し、現在も大気環境にかかわる仕事をしているひらのが、
PM2.5や光化学スモッグをはじめとした大気汚染問題・越境汚染問題について
他の方々にも正しく知って、正しく怖がってほしいと思い、この度、
「大気汚染問題ネタ」というカテゴリを用意しました。
質問・感想などありましたら、左側のメニューにあるメッセージフォームをご利用ください。


子どもの虫歯の割合の話

Category : ニュースネタ  2007/02/25 23:50
今日のネタは、朝日新聞の日曜版に載ってた、
虫歯のある子どもの割合が減っている、という記事。


実は、砂糖の消費量と虫歯のある子どもの割合とには
相関関係があるそうで。

最近になって、砂糖の消費量が減ってきているのだけれど、
それにあわせて虫歯のある子どもの割合も減っているそうなのです。

第2次世界大戦が終わって、急激に砂糖の消費量が増えると、
虫歯のある子どもの割合も急増。
70年代に入って国が子どもに歯磨きをするようあちこちに働きかけ、
80年代に入り砂糖の消費量が減り始めると、
それに伴うように虫歯のある子どもの割合も減少。

今では、砂糖の消費量は
第2次世界大戦直前と同じくらいなのだそうですが、
なんと、虫歯のある子供の割合も戦前と同じくらいだそうです。

で、その記事と併せて、虫歯のある子どもの割合と、
1人あたりの虫歯の本数の平均について、
1985年から2005年までのグラフがあって、
確かに、虫歯のある子どもの割合は減っているんです。

虫歯にならないよう、
子どもの頃に歯磨きをするように言われた世代が、
今度は親になり、子どもに歯磨きをするように言っている結果だ、
と考えられているみたいです。


と、ここまでは、新聞記事の紹介ですよ。
「へえ、ふうん…。」といった感じじゃないですか。
虫歯のある子どもが減っている、
いいことじゃないですか、歯の健康って大事ですもんね。

でもね?
でもですよ?

ひらのは
「確かにそう書いてあるけど、え…、
これで虫歯のある子どもが減ってるって言えるの?」( ̄△ ̄;)
って思ったわけです。


虫歯のある子どもの割合のグラフ。
幼稚園児、小学生、中学生、高校生に分けて
グラフが書いてあったのですが。

幼稚園児も小学生も中学生も高校生も、
虫歯のある子どもの割合が減ってきているんです、確かに。
最近になるほど減っているんです。
でも、どれも50%よりも上なんですよ。

つまり、新聞記事には、
「砂糖の消費量の減少に伴い、虫歯の子どもの割合が減った」
って書いてあるんですけど、それでも
2人に1人以上は虫歯があるんです

多くない?
だってよ?1クラス40人とするでしょ?
半分強ですよ、虫歯があるのが。
クラスのどんだけ歯科医にかかってるんですか!?

虫歯の子どもの割合は減ってきてはいるけれど、
それでも半分以上は虫歯があるんです。

でね?
もうひとつ驚いたのが。

2005年のデータ。
上に書いたように、幼稚園児、小学生、
中学生、高校生の4つのグループに分けて
虫歯のある人の割合が書かれているのですが。

一番虫歯が少ないのが、幼稚園児。50%台後半。
次が中学生、60%台前半。
さらに続くのが小学生。60%台後半。

高校生は虫歯の割合が70%台なんです。

意外。

虫歯の人の割合は、幼稚園児、小学生、中学生に比べて
高校生が一番高いんです。


しかも、それは最近のことだけか、と思ったら、
1985年から、ずっと、高校生が虫歯の人の割合がトップ。
幼稚園児が最下位。

高校生にもなったら、さすがに
歯磨きの大切さくらいわかるんじゃないんですかね?
なのに?なのに、虫歯率トップ?
しかも70%台って、3人に2人は虫歯、っていうレベルよ?

こりゃ多いだろ、虫歯の割合。( ̄o ̄;)


新聞の記事の見出しは
「砂糖の消費量に伴って虫歯の子どもの割合は減っているけれど、
その割合は依然として高い水準にある。」
とでも付け加えられていてもいいんじゃないかなと思った
朝日新聞の日曜版の記事でした。(・∀・ )

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可

Trackback

この記事へのトラックバックURL
http://himadoki.blog21.fc2.com/tb.php/458-61ce3f85

| Home |