ひまど記

by ひらの みふみ

ひまな時に書くからこそ、ひまど記。ひまじゃなくても書いている、ひまど記。ひらのみふみなりに、なんでもありの、ひまど記。

テンション高かろうが低かろうが、関係なし。思いつくままに書いて、勢いのままに投稿。

はじめましての方は、左側の列にあるプロフィールをまずどうぞ。

ついったー



Calendar

03 | 2005/04 | 05
Su M Tu W Th F Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
   



Latest Himadoki



Profile

ひらの みふみ

書き手 : ひらの みふみ
ホームページはこちら 

いつも気まぐれ。どこまでも暴走中。
とりえは明るさと言い張る、
11月15日生まれの、28歳O型関西人。
自他共に認める変人。

好きなものは、
空、ひらがな、いちご。
ランニングや、ピアノも少々。

高校2年の時に初めてHPを作る。
『ひまど記』はその時にスタート。
その後、めもらいず消滅の
巻き添えを食らって休止したり、
エキサイトブログで復活したり、
引っ越ししたりして、現在に至る。
ちなみに社会人1年生。

関西人は、
「ボケ人間」「ツッコミ人間」が
半々くらいらしいですが、
友人曰く、ひらのみふみは
ボケでもツッコミでもなく、
「存在自体がネタ」なんだそうです。


いろんなことをだらだらっと
つれづれっと書いてますが、
「へー、世の中には、こんな風に
ものごと考える奴もいるんやなー」
と思っていただければ
うれしいです。


ひらのへのメッセージは
下のほうにある
↓ メッセージフォームより
↓ どうぞっ!!



Category



月別



検索



RSS



Latest Comments



Latest TrackBacks



Links



QR-code

QRコード



Message form

ひらのへのメッセージは
こちらよりどうぞっ!

 
あなたのお名前
あなたのメールアドレス
メッセージのタイトル
メッセージの本文

あなたのメールアドレスは
忘れずに記入して下さいね。
ひらのが返信できないので。^^;

大学・大学院に大気化学を専攻し、現在も大気環境にかかわる仕事をしているひらのが、
PM2.5や光化学スモッグをはじめとした大気汚染問題・越境汚染問題について
他の方々にも正しく知って、正しく怖がってほしいと思い、この度、
「大気汚染問題ネタ」というカテゴリを用意しました。
質問・感想などありましたら、左側のメニューにあるメッセージフォームをご利用ください。


スポンサーサイト

Category : スポンサー広告  --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月29日 つつじについて

Category : ついてづくし  2005/04/30 00:55
日本全国的に4月29日は日本全国的にみどりの日という日本全国的な休日だったわけですが、そんな日にぴったりかどうだかわからないけれど、つつじについて書きます。長い前フリですね。前フリが長いついでにどうでもいいことを書きますが、携帯電話ってものは便利な物で、持ち主が知らない漢字があっても変換してくれます。つつじは『躑躅』と書くそうです。間違っている場合はひらのみふみの携帯に文句を言ってください。


赤紫の花はいくつかあるけれど、つつじの赤紫は、なんかしっとりした落ち着きを持ちつつ、絶対に暗いイメージを持たさないと思う。けなげなのか、落ち着きを保っているのか、なんかそこにあるだけでやさしい明るさを発している感じがする。
そういえば、小学校の頃、つつじの花を摘んでは、花の蜜をよくなめて楽しんでいた。特別にそれが楽しかったというわけではなかったんだろうけれど、たぶんそんなしっとり明るいつつじの花に夢中になっていたんだと思う。

ふと、久しぶりにつつじの花を摘んでみようかな、と思った。
スポンサーサイト

4月28日 緑の羽根について

Category : ついてづくし  2005/04/28 19:57
ニュースを見ていて気付いたこと。緑の羽根の募金って、小学校と中学校とくらいしかやっていないと思う。社会貢献を意識しているのか、政治家たちはお揃いで緑の羽根を背広につけているけれど。かと言って、お偉い様方はみんなつけているのかと言うとそうでもなくて、むしろ政治家しかつけていないと思う。
一体どういう仕組みになっているのかわからない。緑の羽根をやっている団体は誰をターゲットにしているんだろう。よくわからないことだけど、よくわからないことに気付いた、変な一日。


今日の一言 : そういえば中学校の時、社会の先生が「祝日が何月何日で何という日なのか言えない人は、間違えたり忘れていたりした休日は休んじゃだめ」と言っていた。

4月27日 時について

Category : ついてづくし  2005/04/28 08:43
The End of an Era と書かれた電車の隣の人の本を見て、ちょっと感傷的になった。



始まりがあるから終わりがある。終わりがあるのは始まりがあるから。人と人との繋がりも、別れがあるのは出会いがあったから。
人と人とが出会うということはとてもすごいこと。どこから来たのかわからないし、どこへ行くともわからない、地球、という列車に、たまたま同じ時に乗り込んで、顔を合わせることができたのだから。
だからかも知れない。みんな、知らず知らずのうちに、出会ったことの大切さを知っている。だから、突然、誰かが、流れる『今』という時から切り離されてしまったことに、とめどなく涙を流すのは。
時は残酷で非情なもの。その先に何があるのかなど、これっぽっちも教えてはくれない。
でも、時に誰かを残酷なまでに苦しめる時の流れは、これから出会う新しい始まりを運んでくれる。そう思って胸を張って笑顔で歩けるようになりたい。流れる時を楽しみながら。




ちょっとかっこつけた文ですが、なにかと最近事故で多くの人がいっぺんに亡くなったり、知り合いで亡くなられた人がいたりしたのでこんな文を書いてみました。

4月25日 定時運行について

Category : ついてづくし  2005/04/25 22:19
JRの不通の振替輸送で人がごった返している阪急電車の車中よりお送りする今日のひまど記は、定時運行についてです。
このひまど記を書いている時はまだ尼崎の事件について詳しくは知っていないのですが、カーブを猛スピードで回ろうとしたんですかね?(どういう状況で事故が起きたのかは知らないけれど、勝手にスピードオーバーでカーブを回りきれなかったと原因を決め付けています。)
大学でも午後からはこの話題で持ち切りでした。電車の遅れを取り返そうとスピードを出した、という情報も酢酸やアンモニアの臭いがうっすら立ち込める実験室で入手しました。(真面目に実験しろよ、大学生。)

確かに乗っている人間から見ても、電車の遅れは腹立たしく思うことがありますよね。朝の通勤時間で特急がやたら遅かったりすると、腹立たしく思ったり、なんでやねんと思ったり。(ごめんなさい、いつも始業ぎりぎりに教室に入るからこんなことになるんです。)
でも。(過ちを侵してから気をつけるあたり、人間てのは馬鹿な生き物ですが、)こういった事故は、定時運行も確かに大切だけれど、それよりも旅客業というのは、安全に運転することが大事ということを再認識させられます。そして、カーブなのでやたらスピードが落ちても、焦らずにいられる姿勢が大事ですね。



以上、今日は当たり前のことが守られなかったばっかりに大変な事故が起きたのをきっかけに、当たり前のことを書き続けましたが、書いている最中に電車は降りるべき駅を発車していきました…。

今日の一言(一言の割に長い) : さっきすれ違った携帯で話しているおばさん、ぺらぺらの英語で難無く話しているみたいやけど、完全にイントネーション無視&ガチガチのカタカナ発音ってどういうこと…??

4月24日 日付について

Category : ついてづくし  2005/04/24 21:00
自分の書いたひまど記を読み返すことはあまりないんですが、………、我ながらどうしてここまでしょっちゅう日付を間違えるんでしょうか?曜日はよく気にしているんですが、曜日を気にし過ぎて日付の感覚が抜け落ちているのかもしれません。

今日のタイトル書く時ですら、最初、23日って書きましたから…。


今日の一言 : なぜ妹に対する親の不満を兄が聞かなければならない…。

4月23日 口について

Category : ついてづくし  2005/04/24 01:14
とある本によると、携帯でメールを打っている半分以上の人の口は開きっぱなしだそうです。


あまり(というより全く)人のことを言えないような口の開きっぱなしを日々演じているひらのさんですが、なんかこんな記事見たら、思わず、気をつけなくちゃ、と思ってしまいますね。

今日の一言 : 鼻水がひどくなるのと、のどが痛いのとがしょっちゅう交代してます…。

4月22日 ブックカバーについて

Category : ついてづくし  2005/04/23 01:01
文庫本のブックカバーはきれいなので好きなのですが、学校で使う専門の本のブックカバーは色がださかったり、無駄に本ががばがばしたりして嫌いです。なのになぜか親にブックカバーつけなさいと、半年以上も前に買った本について文句を喰らいました…。




なんで………?

今日の一言 : 頼むから仕事中で人が慌ててコピー取ってる最中に壁の色きれいでしょだなんて話を持ち掛けないでください。

4月19日 愛国について

Category : ついてづくし  2005/04/19 22:08
注意)珍しく長文です。

日本の中国関係の建物に関する問題などなど、いろんな報道が行われている、中国での反日デモですが...。

一連の反日デモは、江沢民さんが国家主席になってから行われた、愛国主義教育の影響だ、という意見がニュースなどをにぎわせています。第二次世界大戦での、日本軍による暴挙を特にクローズアップして、子供たちに教育する、そういった感じに(個人的には)見受けられる教育だといわれています。
そして、その愛国教育を受けて育った中国の人々が現在の反日デモを行っている、ともニュースで言われていたりします。

個人的にすごく疑問。
中国は愛国主義教育だ、抗日をアップにして見せている、歴史的に偏った見方の教育だ、とよく言われるようになっていますが。
じゃあ、日本は愛国主義教育じゃないんですか?

個人的に、日本の教育だって相当ひどいもんですよ。誰が南京大虐殺について小中学生にどれくらい教えるのですか?誰が従軍慰安婦についてどれくらい教えるのですか?竹島について、日本と韓国はそれぞれどういう意見を持って領有権を主張しているのか、誰が教えるのですか?ましてや、某政党の憲法の案には愛国心をどうたらこうたらとまで書かれているじゃないですか。






ひらのみふみの意見。

どこの国だって自分の国をよく見せようとする教育をしたいんですよ。
別に中国だけが問題なんじゃない。




たとえば、ひまど記を見られている方一人一人にお聞きしますが、あなたは自分の母校(小学校でも中学校でも高校でも何でもいいです)が好きですか?嫌いですか?そして、その理由は何ですか?

もともと、その学校に通い始めた理由というのは、あまり自分の意思で行ったというものは少ないと思います。小学校や中学校は校区がありますしね。半強制的に自分が行く学校というのが決められていたと思います。
そうして行かされた学校がたとえば嫌いだったとして。卒業して何年もたったある日、自分の母校についてなんという風に説明しますか?どんな風な学校か聞かれたとき、どうしますか?

ひとりひとりの話であれば、嫌いとでも何とでも自由に言えるんです。ただ、自分の立場が非常に高く、一挙一動が世間から注目され、発言は必ずスクープされる、そういう立場だとしたら、どうしますか?

そう簡単には嫌いだとは言えないと思います。

傷だらけ、汚れた母校の記憶を、何とかして正当化しませんか?

逆に母校を好きだったとしましょう。その時はどうしますか?おそらく、記憶を美化して、いいように語る一方で、あまり、母校について悪かったところはしゃべらないはずです。もしかしたら、悪かったところなんて眼中から落ちているかもしれません。



どこの国だって汚れた歴史を持っています。過ちを犯しています。暗い過去を持っています。
そういったところに目を向けたくないのです。自分たちは立派なんだって思いたいのです。



でも。

やっぱりそれじゃ始まらないですよね。
歴史は、過去の過ちを学ぶ、将来同じ過ちを繰り返さないために学ぶもの。



愛国であることは別に問題ではありません。
でもあえて本当の愛国というものを言うならば、
悪いところにも目を向け、将来の自分の国に生かそうとする姿勢なのではないでしょうか。




今回の反日デモについて。


破壊活動はいけないです。破壊活動をしている人は気づいてほしい。被害者は日本人だけじゃないんです。中国人だってたくさんたくさん傷つけています。

中国が日本に謝罪を求めている問題。日本が中国に謝るべきです。日本は過去の過ちから目をそむけているから。

世間的な中国に対する考えについて。中国人は怖い、野蛮だ。そう思っている人が増えているような気がしますが、中国人だって自分たちと同じ人間です。それと1万人もデモに参加したといっていますが、中国のものすごい人口に比べてしまえば、デモに参加した人数なんてほんの一握りか、ひとつまみにすら満たないくらいです。

個人的に。中国に行って、デモの中に突っ込んでいって、いろんな中国の人と話ができたら、どんなにいいことだろう。



今日の一言 : 千里中央駅周辺は方角が書いてあるものが多いので、どこから日が昇るかすぐにわかります。

4月15日  悩むことについて

Category : ついてづくし  2005/04/15 20:54
悩めることがあ1は



とまで打った後、睡魔にとどめの一発を喰らった翌日、4月15日のひまど記です。(汗)
何を書こうとしてたのやら…。


頑張って思いだしながら書いてみます。


悩めることがあるっていうのは、案外幸せなんだと思う。
人にはいろんな人がいて、みんながいろんなことを考えている。人の数とひとりが考えてることの数をかけた分だけ、この世の中にはいろんな意見がある。
そんなにたくさん意見や考えがあったら、なかなか話は進まなくなってくる。考えが正面からぶつかり合ったり、ちょっとした考えの違いから誤解を生んでしまったり、すれ違いをしたり。それは時に人を傷つけ、時に人から傷つけられ、時にどうしようもなく苦しまされたりする。
でも、たとえ傷つけられたり、悩まされたりしたとしても、それは、まず、自分と他の人とが繋がらない限り起こらないこと。つまり自分の側に誰かがいるってことではないだろうか。
幸せになりたい、こんなことで傷つけられたり、悩まされたりしたくない、と思う人へ。意外とあなたの幸せはあなたのすぐそばにあるのではないでしょうか。

今日の一言 : かけうどんとは言え生え抜き

4月13日 蜂について

Category : ついてづくし  2005/04/13 23:34
カタカナでハチと書くとまぎらわしいので蜂と書いてみました。

蜂は高校の時から、『どこそこに蜂の巣がある』と言っては騒いでいた気がする。そのたびに誰かが蜂の巣を退治しようと頑張ってみたり、頑張り損ねて余計に危ない状態になったり、誰かが無駄に逃走したりと、なぜか何かとネタが尽きないのがおもしろい。

今日の一言 : キシリトールガムっていろんな味がありますね。

4月12日 パン屋について

Category : ついてづくし  2005/04/13 01:02
大学へ行くのに使う駅の改札の真ん前にパン屋ができた。
形とりどり、色とりどりのパンが並んでいる。

日本全国探してみると、意外とパンはどこででも売っている感じがする。コンビニにも置いてある 。


日本人はよっぼどのパン関係のものが好きなのかもしれない。

4月11日 皿うどんについて

Category : ついてづくし  2005/04/11 23:13
皿うどんはどのあたりがうどんなんだろう。なんとなく、麺類の食べ物、というより、野菜炒め系の食べ物、といった感じがする。

| Home | Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。