FC2ブログ

ひまど記

by ひらの みふみ

ひまな時に書くからこそ、ひまど記。ひまじゃなくても書いている、ひまど記。ひらのみふみなりに、なんでもありの、ひまど記。

テンション高かろうが低かろうが、関係なし。思いつくままに書いて、勢いのままに投稿。

はじめましての方は、左側の列にあるプロフィールをまずどうぞ。

ついったー



Calendar

01 | 2005/02 | 03
Su M Tu W Th F Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
   



Latest Himadoki



Profile

ひらの みふみ

書き手 : ひらの みふみ
ホームページはこちら 

いつも気まぐれ。どこまでも暴走中。
とりえは明るさと言い張る、
11月15日生まれの、28歳O型関西人。
自他共に認める変人。

好きなものは、
空、ひらがな、いちご。
ランニングや、ピアノも少々。

高校2年の時に初めてHPを作る。
『ひまど記』はその時にスタート。
その後、めもらいず消滅の
巻き添えを食らって休止したり、
エキサイトブログで復活したり、
引っ越ししたりして、現在に至る。
ちなみに社会人1年生。

関西人は、
「ボケ人間」「ツッコミ人間」が
半々くらいらしいですが、
友人曰く、ひらのみふみは
ボケでもツッコミでもなく、
「存在自体がネタ」なんだそうです。


いろんなことをだらだらっと
つれづれっと書いてますが、
「へー、世の中には、こんな風に
ものごと考える奴もいるんやなー」
と思っていただければ
うれしいです。


ひらのへのメッセージは
下のほうにある
↓ メッセージフォームより
↓ どうぞっ!!



Category



月別



検索



RSS



Latest Comments



Latest TrackBacks



Links



QR-code

QRコード



Message form

ひらのへのメッセージは
こちらよりどうぞっ!

 
あなたのお名前
あなたのメールアドレス
メッセージのタイトル
メッセージの本文

あなたのメールアドレスは
忘れずに記入して下さいね。
ひらのが返信できないので。^^;

大学・大学院に大気化学を専攻し、現在も大気環境にかかわる仕事をしているひらのが、
PM2.5や光化学スモッグをはじめとした大気汚染問題・越境汚染問題について
他の方々にも正しく知って、正しく怖がってほしいと思い、この度、
「大気汚染問題ネタ」というカテゴリを用意しました。
質問・感想などありましたら、左側のメニューにあるメッセージフォームをご利用ください。


2月11日 自由について

Category : ついてづくし  2005/02/11 22:51
正直なところを言うと、本当はもっと違うことについて書くつもりでしたが、ここで書かずにはいられないと思ったので、書きます。

北朝鮮の声明文は、ついさっき知りました。というのも、今日は朝早くからバイトがあったので、昨日の晩も今日の朝もゆっくりできなかったからです。
一番最初に目についたのは、声明文の中の「自由」という言葉。自由と民主主義を守る為に核兵器を所持したそうだそうですよ、北朝鮮は。アメリカが北朝鮮の体制を崩し、北朝鮮の自由と民主主義を壊そうとしている、それを阻む為に、北朝鮮は核兵器を作ったと。

世間は、今回の北朝鮮の声明文は、例の瀬戸際外交の一部だと言う認識が強いみたいですね。本当かどうかは分からないですけどね。

ただ、ひとつ、強く言いたいこと。北朝鮮だけでなく、世界中に言いたいこと。


自由と核をそんなに軽々しく語るな!!

どこからですか?いつからですか?こんなにも「自由」という言葉が身勝手な行動を表す言葉になってしまったのは。「自由」という言葉の意味から、「責任」という意味が抜け落ちたのは。「自由」に「責任」がつきまとうことなんて小学校で教えられることですよ。「責任」のない自由なんて本当の自由なんかじゃないです。それはただの無責任、身勝手、わがままです。

核をもつことは自由のためなんですか?それなら今頃世界中は核だらけですよ。自分たちを守る為に、核を持たない、という考えはどこにもないんでしょうか。

低レベルな相手に合わして、わざわざ自分のレベルまで下げて相手と対することって、普通は嫌ですよね。そんなに北朝鮮が世界の中に入りたいのなら、北朝鮮も、自由と核を軽々しく扱うアメリカなんかにそこまで期待しなくていいと思うのですが。別にアメリカに認められなくても世界で生きていこうと思えば、生きていけると思うのですが。それはさすがに滅茶苦茶すぎますかね?

アメリカなしに今の世界は動かないんだから、アメリカに認められる(認められる、というより、敵視されない、というか、難しいですね、なんて表現すればよいのやら)ことが世界の一員としてしっかりやっていく為の一番の近道だ、という方が多いでしょうね。でも、本音のところを言うと、どうして今世界中がそんなにアメリカを頼るのかが分からないです。そんなにアメリカが頼りになる国なんですか。世界中が、アメリカがどうこう、アメリカと、アメリカ、アメリカ、と、やたら、アメリカを連発している気がするのは気のせいですかね。そりゃ、アメリカなしで今の世界は動かないでしょう。でも、これからの世界を創っていくプロセスにおいて、そんなにアメリカがいい仕事をしてくれると思えるのですか?国連を無視して、イラクの罪無き人々を大量に殺戮するような、残酷な国がこれからの世界を作っていくリーダーなのですか?僕にはわからないです。

瀬戸際外交、と世間は言いますが。もしかしたら、北朝鮮も瀬戸際外交をするつもりでそういう声明を出したのかもしれませんが。でも、いい加減誰かまともにぶつかりにいったらどうですか。いつまでも、瀬戸際外交なんていう、手抜き交渉ばっかりしていたって、本当の解決は見えてきませんよ。

ということで、ひまど記らしく、思いつきでずらずら書いていたら、誰を批判しているのかわかんなくなっちゃいましたね。ごめんなさい。

でも、ひらのみふみはそう考えるのです。


今日の一言 : コブクロの「永遠にともに」「この指とまれ」は本当にいい曲です。


追加 : 携帯から投稿した記事についてもコメントできるようにしました。

Excite エキサイト : 国際ニュース
スポンサーサイト



| Home |