ひまど記

by ひらの みふみ

ひまな時に書くからこそ、ひまど記。ひまじゃなくても書いている、ひまど記。ひらのみふみなりに、なんでもありの、ひまど記。

テンション高かろうが低かろうが、関係なし。思いつくままに書いて、勢いのままに投稿。

はじめましての方は、左側の列にあるプロフィールをまずどうぞ。

ついったー



Calendar

08 | 2017/09 | 10
Su M Tu W Th F Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
   



Latest Himadoki



Profile

ひらの みふみ

書き手 : ひらの みふみ
ホームページはこちら 

いつも気まぐれ。どこまでも暴走中。
とりえは明るさと言い張る、
11月15日生まれの、28歳O型関西人。
自他共に認める変人。

好きなものは、
空、ひらがな、いちご。
ランニングや、ピアノも少々。

高校2年の時に初めてHPを作る。
『ひまど記』はその時にスタート。
その後、めもらいず消滅の
巻き添えを食らって休止したり、
エキサイトブログで復活したり、
引っ越ししたりして、現在に至る。
ちなみに社会人1年生。

関西人は、
「ボケ人間」「ツッコミ人間」が
半々くらいらしいですが、
友人曰く、ひらのみふみは
ボケでもツッコミでもなく、
「存在自体がネタ」なんだそうです。


いろんなことをだらだらっと
つれづれっと書いてますが、
「へー、世の中には、こんな風に
ものごと考える奴もいるんやなー」
と思っていただければ
うれしいです。


ひらのへのメッセージは
下のほうにある
↓ メッセージフォームより
↓ どうぞっ!!



Category



月別



検索



RSS



Latest Comments



Latest TrackBacks



Links



QR-code

QRコード



Message form

ひらのへのメッセージは
こちらよりどうぞっ!

 
あなたのお名前
あなたのメールアドレス
メッセージのタイトル
メッセージの本文

あなたのメールアドレスは
忘れずに記入して下さいね。
ひらのが返信できないので。^^;

大学・大学院に大気化学を専攻し、現在も大気環境にかかわる仕事をしているひらのが、
PM2.5や光化学スモッグをはじめとした大気汚染問題・越境汚染問題について
他の方々にも正しく知って、正しく怖がってほしいと思い、この度、
「大気汚染問題ネタ」というカテゴリを用意しました。
質問・感想などありましたら、左側のメニューにあるメッセージフォームをご利用ください。


スポンサーサイト

Category : スポンサー広告  --/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PM2.5の環境基準について

Category : 大気汚染問題ネタ  2013/02/25 01:09
PM2.5の環境基準は、
「1日の平均値が35μg/m3、かつ、1年の平均値が15μg/m3以下」
と定められています。

そして、連日、今日のどこそこの地点は○○μg/m3で、環境基準をオーバーしていました、
なんていうニュースが流れています。

ですが。
「環境基準を上回るようなPM2.5が中国から来ているのか、
なんとけしからん」なんて憤る前に、ちょっと待ってください。

別に中国からの汚染の影響を受けなくても、
PM2.5の濃度はしょっちゅう環境基準を超えています。
年平均値の基準なんて、もしかすると基準を上回っている地点の方が多いかもしれません。


ここで、2つ疑問を持っていただきたいのです。

疑問ひとつめ。
「測定値」として出ている数字は本当に正しいのか。

疑問ふたつめ。
この環境基準は厳し過ぎるのではないか。


ひとつめの疑問については、また別の記事に書こうと思いますので、
ここではふたつめの疑問について考えていきます。

大気中の汚染物質のうち、全国各地にて年中、連続して測定されていて、
かつ、環境基準が定められている物質が6つあります。
このうち、最も新しく基準が設けられたのが、PM2.5です。

ただ。

残りの5つの物質については、人体への悪影響が十分知られているか、または、
悪影響を及ぼす物質の元となることが解明されている物質です。

PM2.5も、その危険性については、実は随分昔から知られていました。
ですが、環境基準が定められたのは2010年です。
基準が設けられたのが遅くなった理由もまた、いくつかあるのですが、
そのひとつとして、PM2.5が危険であることはわかっていたのですが、
その濃度と健康被害との因果関係がはっきりしていないことが挙げられます。

はっきりして「いなかった」から、ではありません。
はっきりしていないのです。今でも。

そこで、国民の健康被害を「予防する」という意味も込めて、
PM2.5の濃度は低めに設定されたのです。
とは、実は公には誰も言っていないのですが、
個人的な感覚としては、そのように感じます。
それくらい、PM2.5の環境基準は低いのです。

2010年に環境基準が設けられて、
ようやく徐々に全国でPM2.5濃度が測定されるようになりました、が。
1年間で1日も日平均値の基準をオーバーせず、
かつ年平均値の基準もクリアしている地点がどれほどあるでしょうか。
別に年がら年中、中国からの大気汚染の影響を受けているわけでもないのに、です。

おそらく、そんな地点、探す方が難しいですよ。
それくらい、この環境基準は厳しいのです。

そこまで厳しい基準に、どのような意味があるのか、私にはあまり見えてきません。
当然、低いに越したことはないのですが。
スポンサーサイト

大気汚染問題ネタカテゴリを作りました

Category : 大気汚染問題ネタ  2013/02/23 23:47
ひらのみふみ、
大学、大学院時代に研究室で大気汚染やら越境汚染やらを取り扱った研究をしていて、
現在仕事で大気を測定する仕事をしています。

近頃、PM2.5がニュースでよく取り上げられています。
ひらのの感想で言うと、最近のメディアによる報道はあまりにも煽りすぎているように思います。

多くの方が知らないばっかりに、むやみやたらと不安に駆られていると感じています。
誤った情報もたくさん流れています。

で。
この度。

「大気汚染問題ネタ」というカテゴリを用意して、
そこにひらのが知っている情報をどんどん書いていこうと思います。

周りの人にね、よく聞かれるんです。
「PM2.5がどうこう言われてるけど、どうしたらいいの?」と。
そして、(おそらくこの人なら知ってはるやろう)と思ってた方でも、よくよく話を聞いてみたら、
「あれ?実はあんまりPM2.5のこと、知ってはらへんのかも…?」
と感じることが多いのです。


できるだけたくさんの人に、PM2.5をはじめとする大気汚染問題を
正しく知って、正しく怖がってほしいなぁ、と思い、このブログを活用することにしました。

仕事がとても忙しい時期で、とても「ひまど記」なところではないのですが、
できるだけ頑張って書いていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

| Home |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。